FC2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

たぶん!? 

核融合が実現できて、太陽と同じ光を人類が利用できるようになった100年後位には、私の言ってることの意味が理解できるようになるかもしれない。w


太陽というのは、圧縮と爆発を繰り返し行っているのであり、その光の力(熱エネルギー or 物質に働く時間)が、この地球の生命を誕生させているのだと思う。(圧縮・爆発というのは、あくまでも他の惑星と太陽との間に発生している引力によるもので、惑星が太陽の周りを回転することにより、太陽の内部に巨大な重力の振動が発生しているという意味であり、太陽が収縮して縮んだ後に、爆発して壊れるという意味の、圧縮・爆発ということではない。)


ということは、その光の時間がどういう意味を持っているのか理解しないと、UFOは造れない。


自然の光の中には、現在の時間も、過去の時間も、未来の時間も、あらゆる時間がすべて含まれており、(ここでいう、現在や過去や未来の時間というのは、我々が考えている大昔や未来という時間の概念ではなく、光の振動する波長の違いの時間という意味のこと)それがすべての生き物を生かしている力なのである。


人間は光の力によって生かされているのだ。


と、今日も基地外満載の考え方を披露してみた。ww


宇宙人はすごいな。
そのすべての謎をもうすでに理解していて、その時間に捕らわれない光の文明の中で生活しており、光の時間エネルギーを制御してはこの地球にやって来て、そして地球人に全く悟られることなく人間と接触しているのだから・・・・・・。




さぁ、もうこの辺で、今の時代では、みんなから基地外扱いされるのは間違いない考え方を述べるのはこれでやめにする。


でも、未来には、私の言ってることが真実であると気が付く時代がやってくることだろう? と、自己満足。www



スポンサーサイト



[edit]

もしも光の速さで進む電車に乗ったらどうなるか? 

と、今日も変わったことを考えてみた。


当然のことながら、電車の窓の外を、自分と同じ方向に進んでいる光は止まって見える筈である。


でも、光の速さで進んでいるのだから、電車の中にいる自分も時間は停止してしまい、外など見えないのではないかと考えるか?


実は、外の光の速さと、この光の速さで進んでいる電車の中にいる自分とは関係ないのではないか。


つまり、どんなに光の速さで進もうと、自分も同じ光の速さで進む電車の中に立っているのだから、その中では自由に動き回れるはずである。


外の光は停止しているように見える筈だから、自分も停止した時間の中にいると思うのは間違いである。(物質に働いている慣性の力と同じ重力だけは停止するかもしれないが・・・。)


宇宙飛行士が、猛スピードでこの地球の周りを慣性の力で回っていても、重力はなくなるのに、その宇宙船の中では自由に動き回っていられるのと同じである。


ここに、自分の置かれた環境が、光の速さと同じ速度で進んでいる状況か、それとも、外で光の速さを考えている状況かによって、その意味は全く異なってくるのである。


それが、前のブログで書いた、時間というのは在って無いのに等しいようなもの、という考え方なのだ。


だから、宇宙人が言うように、「我々の時間と地球人の時間とは違う。それが分かりませんか?」という意味になるのであろう。


たぶん、宇宙人の時間は光速の速さで言うと、1万分の1位の光の振動の中でも、普通に生活できるのではないだろうか?


光の速さが遅くなっている分、その光を捉える目の大きさも自然と大きくなっているのではないだろうか?と考えてみた。
彼らから見ると、地球人は止まっているように見えるのかもしれない。www


どう?
少しは、私が言っていることの意味がお分かり頂けただろうか?


実は、この考え方の中に、UFOの秘密を解く重要な謎が秘められているのだよん。www






[edit]

時の始まりはビッグバンであり、時の終わりはブラックホールなのか? 

ビッグバン


物質は、光の力で徐々に集まって行き、そして大きくなったら、それ自身の重力で圧縮され、爆発する。
太陽?が爆発した後に残るのが、無の空間であり、そこからまた新しい時間が始まる、と、ある理論では考えられている。


ビッグバン概念図


そしてビッグバン後に、またとてつもない時間が流れ、その時間を物理的に相対的に釣り合いを取るために、ブラックホールという別の時間軸にエネルギーは流れて行く。


時間の変遷


現在→未来→過去→現在へと、この無限大宇宙の中では、時間は限りなく永遠に繰り返し流れているのではないだろうか?


ブラックホールというのは、未来の時間軸が過去の時間軸に繋がって流れているのではないだろうか?


あのホーキング博士も、この時間の流れについて、本当に理解してこの宇宙のことを想像して考えているのだろうか?


ホーキング博士の考え方でさえも、もしも一番根元的な、時間と物質と光と重力の概念のところが間違っているとするならば、我々はとんでもない間違いを発表している人の話をそのまま信じて、天才として尊敬しているということになる。その考え方が例え間違っていたとしても、それをそのまま信じているということになる。


時間というものも、相対性理論で、お互いに永遠につながっているものだと考えたならば、どのようにこの宇宙の謎を考えたらよいのだろう?


それは、でもあり、同時に無限大でもあるようなもの。
そのような無限宇宙の中に、はたして、時間というものは存在するものなのだろうか?


もしもタイムトラベルが、現実に実現することが可能であるならば、そこには、我々が考えているような時間という壁が存在していては実現できない筈である。


また、宇宙人に拉致されて他の星まで行って来たという人の話を考えてみると、どうしても、そのような時間の壁など、存在しないと考える方が正しいのではないだろうか。


時間などというものは、在って無いのに等しいようなもの。


光速を超えた時間の現実を体験した人は、まだ、この地球上にはいないのだから、(ただし、宇宙人に連れられて他の星まで行った人は除く)その考え方はどのようにでも変えることが出来る。



と、訳の分からないような壮大なことを考えてみた。(*゚∀゚*)アハ♪  www










[edit]

久しぶりの小さな小さな贅沢www 

今日は、My Numberの交付に市役所に行ってきた。
久しぶりに喫茶店でコーヒーでも飲むかという気になり、役所内にある喫茶店に入ろうと思ったら、休み。

チッ、なんだよ!!久しぶりに贅沢しようと思ったのに・・・・・・!!

で、グルグルとあちこち出かけて喫茶店を探してみた。
意外と、コーヒーだけ飲める喫茶店が少ない。
漫画喫茶に入ろうとしたら、会員登録しないといけないというし、


そこをあきらめて、いつも買い物をしているスーパーで2個入り320円のイチゴショートケーキを買った。
で、それを持って喫茶店に入ってHOTを頼んだ。

コーヒー1杯の値段が480円!!

高ッケ~~~~~~~~~~~~!!

こんなに値段が高かったっけ?

「ケッ!!」

貧乏人には1杯が480円は高い。www


昔は、毎日喫茶店で時間を潰していたというのに、貧乏人となった今は喫茶店にも入れやしない。

「ケッ!!」

喫茶店に入ると、タバコが無性に吸いたくなってくる。

で、辞めていたのに、ついタバコを買ってしまった。

ショートホープが230円!!

あれ?タバコも1本が23円もするのか?

「ケッ!!」

何もかもが高ッケ~~~~~~~~~~~~!!


「コケコッコー!!!」\Σ^)/www



家に返ってふて寝した。 プッ





[edit]

カレンダー

プロフィール

日本語 → 英語翻訳

pictlayer

広告

月別アーカイブ