FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

もしも時間が停止したならと考えてみた。 

もしも時間が停止したなら、すべての活動は停止するのだろうか?


すべての原子・分子も動きを停止するのであるから、動きの停止した世界では、なんの反応も起きなくなってしまう筈である。


そして、人間の心でさえも、何も考えなくなってしまう。


ここで謎なのだが、あのベティー・アンドレアソンが遭遇した宇宙人は、ベティーの家族を時間を停止させて、まったく動かない状態にしているのにも関わらず、ベティーと宇宙人だけは、普通に動いて考えていたという。


これは宇宙船から、なんらかの光エネルギーが、ベティーと宇宙人だけに放射され、ベティーと宇宙人だけがその別の時間を共有していて、ベティーの家族(停止させられて動けなくなっている家族)とは、全く別の時間で動いていたということになるのではないだろうか?


そうでなければ、時間が停止すると同時に、ベティーの心の方も停止してしまうはずである。


あの清家新一氏のUFO重力実験でも、長い間実験を続けていると、頭が重く鈍いような感じになってくるという。


これはある意味、実験には成功していて、重力を変え、時間をも変えていたということになるのではないだろうか?
ただし、それは宙に浮くというレベルではなく、ただ単に一部の時間が遅くなっているというだけのことだが・・・。


ここで分からないのは、宇宙人は、部分的に時間を停止させたり、速くしたり、自由に時間を制御しているように見えることである。
地球全体の時間を停止させるのではなく、アンドレアソン家だけを、部分的に時間を停止させているように見えることである。


また、ベティーが宇宙船の中で、光に包まれて、身体を清潔に保つといわれた時に、上から降り注いでくる光が、漫画で描かれたような、白い線となって見えていたという。


これは、光の速度そのものが、遅くなっていることを意味するのではないだろうか?


ある意味、光がビデオのコマ送りのように、遅くなっていないと、そのような現象は見えないだろう。


人間が、光の速さに近いような速度で動いていなければ、そのような光の現象は見えない筈である。


部分的に時間を停止させることが出来るのかどうか、最近、この深い謎について、一生懸命考えている。www







スポンサーサイト

[edit]

ひょっとして!? 

今まで自分が考えていた時間の概念が、間違っていたかもしれない。


自分の考えでは、この宇宙では、物質が集まって星に形成されていく力が未来に進む時間だと思っていたのだが、この考え方は間違っていたかもしれない。


その為、地球の中心に向かって進む力(重力の方向)が、未来に進む時間だと思っていた。しかし、どうやら地球の中心に向かって進む時間は、過去に戻っている時間なのかも知れない。


そして、宇宙の外に向かって進む時間が未来に進む時間だと思った方が正しいのかもしれない。


光が爆発するのがロケットであり、ロケットは地球の外に向かって飛び上がっていく。


こういうことで考えると、過去は地球の中心に向かう重力の方向の力であり、未来の時間の力は、地球の外(宇宙)に向かって進む時間であるということになる。


それなら、現在の時間というのは、地球の表面を水平方向に進んでいる時間ではないか?


過去の時間未来の時間の間に存在するのが、現在の時間であると気が付いた。


なぁ~~~~んだ。こんな単純なことも分からなかったとは・・・。www


人間は、過去の反省の上に、現在どのように行動するかによって、それに基づいた未来が現れるのだと気がついた。


だから、宇宙人は、地球人を拉致した時に、そのような考え方を持っていると、その人の未来がどうなるかという未来の映像を見せられるのかもしれない。


あの万博の太陽の塔を作った芸術家、故岡本太郎氏が、「芸術は爆発だ~~~~~~~!!!」と、言ったが、
私の考えでは、「未来の時間は爆発だ~~~~~~~!!!」




??????? ガッハッハッハ!! www






[edit]

こんな記事が出てました。 

過去に行くタイムトラベルは可能!? 超光速状態でのタイムリバースが確認される。
http://tocana.jp/2016/04/post_9561_entry.html


信じるか信じないかは自由だが、この記事↑は事実であろう。





しかし、人間が過去に戻ったら、そこに存在する過去の自分と向き合うことになる。はたして、そんなことが可能であろうか?


それは絶対にない。


なぜなら、過去に戻った自分の目が、もう一人の別の過去の自分の目と向き合っていることになるからだ。


目というのは、一つの光しか感じられない。


だから、そんなことは絶対に有り得ない。


たとえ過去に戻ることが出来たとしても、過去の自分を変えることなど出来ないはずである。


そんなことが出来たら、この世の中の事象は無限大に入れ替わってしまうことになる。


未来から、過去に戻ったら、未来の自分はいなくなってしまわなければ、事象は釣り合わなくなってしまうし、また同時に、過去に戻ったら、過去にいた自分も、そこに存在していてはおかしいということになってしまう。




ついでに、こんな動画も出ていた。


タイムトラベラーがついに激写される!?2019年から来た男がドアをすり抜ける瞬間映像!【世界の不思議大図鑑】UFO UMA 未確認 ALIENS 恐怖 都市伝説






あなたなら、この動画をどう思うだろうか?


壁がそこになかったかのように、すり抜けるように通り過ぎたり、
人間自身が硬い木のドアをすり抜けたりする現象は、あの 「未知との遭遇」で宇宙人に連れられて他の惑星まで行ってきた、ベティー・アンドレアソンの宇宙人との遭遇事件でも同じような状況が語られている。


だが、時間を停止させたり、壁をすり抜けたりすることは出来たとしても、完全に自分が過去に戻ることは不可能なのではないだろうか? 


あ、過去に戻るということは、他の星からのこの地球の過去へはありということね。だから、これは宇宙人。


宇宙人も、店の商品を万引きすることもあるんだ。www







[edit]

カレンダー

プロフィール

日本語 → 英語翻訳

pictlayer

広告

月別アーカイブ