FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

この世の中には、水と油のように合わない人がいる。 

最近、つくづく思うのだが・・・・・・、
この世の中には、まるで水と油のごとく、完全に合わない人がいる。


水と油


何をやっても、何を言っても、相手を悪い方にしか取る事が出来ない人がいるのだ。


心の感性の違いなのか、それとも、基本的に人間性が違うのか、どんなことでも、悪い方にしか解釈できない人がいるのだ。


もう、そうなってしまうと、何を言っても何をしてもダメ!!


水は、火を消すのには役に立つが、火を燃やすのには役に立たない。


逆に、油は火を燃やすのには役に立つが、火を消すのには役に立たない。



心が、完全に逆を向いているのだ。


この2者が、お互いに意見を言い合うと、対立し喧嘩することはあっても、お互いに仲良くなることはまずない。


今、アメリカの大統領になったトランプ氏と前大統領のオバマ氏との関係も、この水と油の関係のようなものだろう。


日本と韓国の関係も、今ではこの水と油の関係と同じようなものだと言えるだろう。


水は静寂、安泰を求めるのに対し、油は攻撃的、対立的で、火をさらに燃やすような性格をしているとも言える。


何を言っても、何をしても、決して合わなくなってしまっているのだ。


こういう性格の人間と付き合う時は、気を付けなければならない。


水の性格をした人は、お互いに穏やかに水に流そうと思っているが、油の性格の人は、どんどん火に油を注ぐが如く、攻撃的になって喧嘩してくるからだ。


こういう性格の人間は、一度喧嘩を始めたら、決して自分の方から折れるということはしない。ww


とにかく、とことんまで相手をいじめつくして、自分が納得してもまだ折れない。w


一度、始めた喧嘩は、決して自分の方が折れるということはしないのが、こういう油のタイプの性格の人間である。


まるで、核分裂が最後の最後までコナゴナに粉砕されて安定するまで分裂を続けるように、悪の方向に向かい出した力は留まるところを知らないように、どこまでも対立していくのである。


危ないのは、こういう人がリーダーになった時、非常に戦争になっていく確率が高くなるということである。


なぜなら、元々、火に油を注ぎやすい性格だから・・・。


自然界に於いては、核融合が、お互いに引き付けあってお互いを尊重し、まとまって大きくなっていく善の方向の力であるとするならば、核分裂は、どこまでも喧嘩して分裂し、壊れ続けていく悪の力のエネルギーの方向である。


悪はどこまでも悪を伴い、最後に自分までもが破滅して消滅安定するまで、その力は続くのだ。


習慣というのは恐ろしい。
一度流れ出した毎日の生活習慣、考え方は、中々変える事が出来なくて、その人の人間性までも形作ってしまうのだ。


こういうタイプの人間は、子供の時のしつけが出来ていない為に、相手に嫌われてもそれに気が付かず、自己中心でいることが多く、いわゆる、まだ子供のままの我儘な性格から抜け出せていない、精神的大人に成り切れていない人間なのである。


こういうタイプの人間の心を、宇宙人が人間の心を自由に操作しているように、その間違った心を変えさせることが出来る機械を発明出来たなら、初めて人類は本当の幸せな未来を掴むことが出来るのではないだろうか。


と・・・、今日もパソコンの前で、完全にオタクと化してしまった変人の妄想でした。www


でも、私の言ってることは、非常に当たっていると思いませんか?







ちなみに、下のスポンサーサイトは私の意見とは全く違うサイトですからネ!!ww
スポンサーサイト

[edit]

非常に興味深い地球版UFOのアイデア!!w 

これは面白い!!


地球版UFOのアイデアである。
もうすでにアメリカの国際特許を取得しているので、似たようなアイデアで特許を取ることは出来ないが、本当に出来るのであろうか?興味深々である。


あの二コラ・テスラのアイデアも含まれているのなら、非常に信ぴょう性が高いアイデアであり、ひょっとしたら実現出来るのかも知れない。


だが、もしこれが出来たとして、初めて中に乗って試験飛行するパイロットがどういう状態になるのだろうか。


もしかしたら、本物のUFOに乗っているように、何の抵抗も感じずに瞬間移動できるかもしれないし、また、以前に書いたあのフィラデルフィア事件のように、乗っている人物がとんでもない結果になるとも限らない。



Zero Point Classified Anti Gravity Craft UFO Full Documentary by James Allen R I P
https://www.youtube.com/watch?v=A02hFfRqigM


残念ながら、私は英語が理解できないので、この動画で説明されている内容をよく理解する事が出来ない。


私が考えているアイデアとは、ほんのチョット違う気がするのだが、これが先に出来てしまうと私のアイデアは特許が取れるのだろうか?もう30年以上も考えてやっとたどり着いている、もうちょっと実験すればひょっとすれば出来るかもしれないというアイデアなのに(泣)


本当にできたら、大変なことだが・・・・!!


それこそ、この地球の未来文明が根本から変わってしまいかねない。www







[edit]

私が信じているもう一つのUFO記事 ww 

私が信じているUFO遭遇事件で、これは本物だろうと思っている動画がある。


それは、スイスのビリー・マイヤー氏の宇宙人とのコンタクト事件である。


この動画に出てくるあの矢追純一氏は相当若く映っているので、もうずいぶん前の動画であろう。


一度、このビリー・マイヤー氏の本を買って読んだことがあるのだが、その本の中に書いてある宇宙人の考え方などが、まるで理解できない抽象的な精神論だったので、よく分からないまま、その本は倉庫の片隅に追いやられていた。


改めて、この事件に関する動画やビリー・マイヤー氏が、宇宙人について語っている精神論についての動画を見直してみた。


ビリー・マイヤー氏が遭遇した宇宙人は、アメリカ人のベティー・アンドレアソンが遭遇したグレイというタイプの宇宙人とは違うプレアデス星人という宇宙人であるが、この宇宙人の言っている神に対する認識というのは、グレイというタイプの宇宙人が言っている神とは違うようなので、どうも、そこんところがよく分からない。


私は、神という認識では、このビリーマイヤーが言っている考え方の方が真実だろうと思っているのだが・・・。


最近この動画をもう一度見直して、よく考えている。


1980 木曜スペシャル プレアデス人コンタクト事件

You-Tube https://www.youtube.com/watch?v=QGZxCKkJZa0&t=1516s


ビリーマイヤーとのインタビュー (Billy Meier Interview - Japanese - 2011)

You-Tube https://www.youtube.com/watch?v=S15wq1jyuxU


この地球へ、2200万年も前にやって来れる程前に文明が誕生し、科学も考え方もこの地球人とはずいぶん違う宇宙人は、この地球人と正式に接触したがらない理由はその心の違いにあるのであろう。


どの宇宙人も、決して地球人に、公式には接触したがっていないように見える。
というよりも、その存在を知られることさえ、嫌っているようなのである。


ま・・・、私が仮に宇宙人であったとしても、今のこの地球の人間とは接触したくないと思うのが普通であろうが・・・。w
それほどこの地球は、いまだに争いや、貪欲さや、人間不信やら、戦争やら、ありとあらゆる悪が満ち溢れているような、まだまだ真実の幸せな心を持った社会とは無縁の、未熟な文明の惑星だから当然といえば当然であろう。



最近、UFOは奥が深すぎて、考えるのが難しすぎて、中々作る気が起きない。w


暇人の考えることは、こんなもの。www




[edit]

カレンダー

プロフィール

日本語 → 英語翻訳

pictlayer

広告

月別アーカイブ