FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

こんな酷いことをする穴吹工務店!!(その3) 

最初の示談交渉


その後、3週間位が経ってからであろうか?
この穴吹工務店の多田という男から、これから伺いたいのですがよろしいでしょうかという電話が入り、しばらくして訪れた多田という男と、第一回目の交渉をすることになった。

hanasiai.jpg


そして、穴吹工務店の交渉を担当する多田と言います。と言って、名刺を渡してきた。
そこには穴吹工務店1級建築士「多田文嗣」課長と書いてあった。


交渉する前の、自己紹介と簡単な説明である。


私は早速、
「マンション建設が始まったら、騒音で、とても仕事ができなくなる。」
「仕事ができなくなれば、その収入が無くなるんだから、生活費をどうしてくれるんですか?」
「仕事が出来なくなった期間の補償はしてくれるんですか。」

と、この男に迫った。


多田 「・・・・・・・・・・・・・・・」
しばらく沈黙!!


多田 「私個人的には、補償はしてあげたいと思うけど、自分は会社を代表して来ているのであり、会社側の立場としての話しかできないんですよ。」と言った。
(※影の声ーーー個人的には補償してあげたいなどと、自分を美化させるような綺麗事を言うんじゃないよ!!最後は一銭も払わないという決断を自分がした癖に!!)


多田 まぁ、こういう迷惑を何で解決するかといったら、それは、お金で解決するしか方法がないのだけど・・・・。とも、言った。
 

そして、まぁ、また帰って相談してみます。と言って帰っていった。



これが、最初の示談交渉である。




------ 下の続きを読むに続く ---------


←ポチッと1回クリックして頂けると、感謝します!





2回目の示談交渉


また何日かたった後、2回目の示談交渉に私の家にやって来た。


多田 「こういう騒音で損害賠償しなければならないのであれば、今後、これから穴吹工務店は、もしそこにデザイナーが住んでいたら、そういう所には、一切マンションが建てられなくなる。」
と言うのである。


私、「マンションを建てるのは構わないけど、それで仕事ができなくったら、それについて補償するのは当たり前のことじゃないですか?」「それとも仕事が出来なくなっても、それでも我慢しろとでも言うんですか?」
と、言ってやった。


そしたら、
多田 「私らは正規の法律どおりにマンションを建てるのであり、その騒音は、わざと大きな音を出している訳ではなく、工事を行う上で必然的に出てくる音だから、その騒音で賠償しなければならないのであれば、私らは、これからマンションなど建設出来なくなる。」と言うのである。


「最初のうちの1~2ケ月かその位は、まぁ大きい騒音で仕事が出来なくなるかも知れないが・・・・・。」と言うのである。


私、「まぁ私も、どの位の期間、騒音で仕事が出来なくなるのかは分からないけど・・・・・・・・」



そして、 1時間か1時間半位話して、「まぁ、帰ってから会社で相談してみます。」と言って、帰って行った。


これが、2回目のの示談交渉である。
関連記事
スポンサーサイト



[edit]

« こんな酷いことをする穴吹工務店!!(その4)  |  02/02のツイートまとめ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tensai89.blog.fc2.com/tb.php/162-e52d21ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

プロフィール

日本語 → 英語翻訳

pictlayer

広告

月別アーカイブ

ジャンルランキング