FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

こんな酷いことをする穴吹工務店(その7) 

最初の弁護士相談!!


私は、まだ穴吹が、損害に見合うだけの示談金を払ってくれるということに、
かすかな希望を抱いていた。

クレーン1-a
ブルドーザーが土を掘ってトラックに積んでいるところ

クレーン2
私が入居していたビルの裏側に見えるクレーン車のクレーンの長さww

クレーン4-b
工事現場の南側  右に工事現場事務所がちょっと写っている

クレーン3-a
違うビルの中から撮影した、私が入居していたビルと工事現場


クレーン5ーbひび割れイラスト2-a
昼の休憩中で誰もいない工事現場の写真をパチリ!! 今現在は、上から塗装を全部し直し、中の階段部分のヒビ割れさえも 、どこにそんな大きなヒビ割れが あったのか分からないという位、完璧に補修がしてある。 w
こんな激しい震動と騒音が起こっている所で、デザインの仕事が出来るわけないだろが!(ll-д-)チキショー




その為に、最初に弁護士に相談した時も、
その時は、「まだ交渉の真っ最中だから、もうちょっと待ってください!!」と言って、正式に弁護士に依頼するのは、躊躇(ちゅうちょ)していたのだ。
実は、この躊躇(ちゅうちょ)していたことが、
後で、自分をだんだん不利な方向に追い込んでいくことになる。w


騒音被害というのが、一番やっかいで、
その音を録音テープにとって、裁判にかけようとしても、
弁護士の言うには、それは裁判には全然役に立たないという。


その為に、完全に騒音被害で勝てるという確信もなかったからだ。


弁護士から、「裁判に持ち込む前には、家主の人にも、
一応このことを伝えておいた方が良い」
と教えられていたので、
弁護士事務所から車で帰る途中に、
家主である丸○不動産に寄って、そのことを話した。

maruyamafudousan.jpg
これは、今の丸○不動産であるが、昔はもっと貧相な建屋だった。
お金を儲けて、粗末な事務所をビルに改装しただけでなく、今は隣に大きなビルまで建てている。www



そしたら、「一応裁判になったら、私の味方はする」と、
家主である女社長は言った。
まだ、家主も穴吹と示談交渉中だったからである。


田んぼの土を入れ替える工事をする時に、ブルドーザーが動き回る振動で、
入居していたビルの壁が、いたるところにヒビが出来ていたのだが、
家主は、「その亀裂の修理は全部穴吹がしてくれたとか、
他の家も、亀裂などによる修理工事だけは全部穴吹がした。」

とか、その時に教えてくれた。
(示談金はとことん払おうとしないのに、裁判にかけられたらまずいことだけは、穴吹工務店という会社はキッチリする。www)

ヒビワレ補修の後jpg
ヒビワレ補修の後

また家主の方から、この多田に、
「借家人が、このマンション建設が原因で出て行かれたら、次に他の人が入居するまでの家賃を払って貰わないといけない!!」と交渉していたということも、
その時に聞かされた。


私が裁判に持ち込んだら、
家主は、一応味方すると言っていたのである。


ところがこの家主も、肝心なところでお金に目が眩んでしまうのである。ww





ーーー続くーーー


←ポチッと1回クリックして頂けると、感謝します!





関連記事
スポンサーサイト



[edit]

« こんな酷いことをする穴吹工務店(その8)  |  こんな酷いことをする穴吹工務店(その6) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tensai89.blog.fc2.com/tb.php/166-3d07f342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

プロフィール

日本語 → 英語翻訳

pictlayer

広告

月別アーカイブ

ジャンルランキング