FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

結局、人間も動物も皆同じ!! 

よく考えてみると、この世は皆んな、
自分を好きになってくれる人は好き!!
自分を嫌いになる人は嫌い!!

という、最も単純な考えで生きている。ww


今まで不思議だけど、その心理が良く分からないと思っていたその謎が、
ここに現れている。


あんなブスな男と、なんであんな美人が一緒に?
と思うようなことでも、その女性に対する愛情が、
他の男性の誰よりも上回っていたからこそ、その女性の心を変えたということに他ならない。


つまり、自分を誰よりも好きになってくれているというその心理が、
自分が好きだというその女性の心を有頂天にさせてくれているのである。


もちろん、本心は大好きであっても、
その感情を相手に見せない男性は、
内心の心とは裏腹に、決してその女性から好かれることはない。


これは動物でも皆同じだと思う。


自分を好きになって、最高の愛情を注いでくれる者は好きだけど。
自分に悪いことをする者に対しては、絶対に近づこうとしない。


一度でも危害を加えたが最後、
その人間は、その動物からは永遠に嫌われ警戒されることになる。


動物は皆んな、自分を好きになってくれているか、
あるいは自分を嫌いであるかの違いによって、
その相手を判断しているのである。
非常に微妙な感情の反応によって、それを即座に判断しているのだ。


だから、自分を嫌いな者は受け付けず、
自分を好きになる者は受け入れるという、
一番単純明快な法則によって生きているのである。


悪いことをした人間は、一生その相手からは嫌われ続けるということを、
覚悟して生きていかなければならない。
なぜなら、一度酷いことを受けた人間は、
自分の心の中に、それが悪い記憶として永遠にインプットされてしまうからだ。


記憶というのは、永遠に消え去ることはない。


これが、もっとも単純明快な、この世の中の人間関係を現わす理論!!


要するに、愛の心を持っている人間の傍には、
どんな動物でも、自然と同じ愛情を持って近づくようになり、


そういう愛の心を失ってしまっている悪い人間の周りからは、
だんだん、人も動物もその人間を警戒して近付こうとしなくなる!!
そういう愛情を、周りからも感じられなくなるので、
ますますその人間の心は荒んで酷くなるばかり!!ww


ところが、人間ほど複雑な考えを持っている動物はいないので、
中々他の人と考えが完全に一致するということがない。


その喜びが、
お金という価値観にとって変わっているものだから、
いとも簡単に、相手を貪欲なお金の価値観で傷つけてしまこともあるのだ。


変なところで考えが合わなくなり、
その考えが違うということで、お互いに相反発するようになってしまう。
相性の違いということなのか?
それとも、感性の違いということなのか?
それとも、人間性の違いということなのか?
それとも、考え方の違いということなのか?

人間というのは、誠に複雑な考え方を持った動物である。www


そうなると、一度悪い方向に流れ出した動きは止まらなくなり、
愛情も憎悪に変わって、永遠に反発し続けることになる。


その為には、皆んなが、何が一番正しいことなのかという価値観を
共有して生きていかなければ本当の幸せにはなれない。
そして、それには自分に対する愛の心と同じように、
他人に対しても同じ愛の心が基本になっているのだということを・・・・・。


また、他人に対して、自分がされては嫌だと思うような悪いことをしては、
自分までもが不幸になって行くのだということに、
出来るだけ早く気付くべきである。



宇宙人は、その、何が一番正しくて何が幸せな心なのかということを
直接機械で相手に理解させ、心を操作できるようなものを発明しているから、
皆んなが、共通した考え方や価値観を持って幸せに暮らすようになっているのかも知れない。
つまり、本当の愛の心の大切さに気が付いていると・・・・・・。


と、そう思うのさ!!www




←ポチッと1回クリックして頂けると、感謝します!





関連記事
スポンサーサイト



[edit]

« 03/04のツイートまとめ  |  02/27のツイートまとめ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tensai89.blog.fc2.com/tb.php/175-175df83b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

プロフィール

日本語 → 英語翻訳

pictlayer

広告

月別アーカイブ

ジャンルランキング