FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

最近、もう一度光の謎について考えている。 


You-Tube https://www.youtube.com/watch?v=Yagp71e4YVw&t=2689s


この動画の中で言われていることは、おおよそ、こんなことである。↓


光の速度は秒速30万キロ!!
光が1年で進む距離は9兆5000億キロ
ペテルギウスまでは、光の速さでも500年以上もかかるという。望遠鏡で観測された遠く離れた銀河の光は何百光年も前の光を観測しているということになる。
重力レンズを通して観測すると、空間が曲がって光が到達する。


この宇宙空間が膨張すると遠くの星の光は赤方変異する。
宇宙空間は互いに離れて光の速度よりも速く膨張している。
光の速度で進むと空間がゆがむ。


もしも、自分が光の速度と同じ速度で進むとすれば、それを観測している人は速く年を重ね、再びその人と会うと、もう老人になっている。
光が真空でないガラスや液体の中を進むと遅くなる。
宇宙船の質量は光の速度に近づくにつれ、無限大に大きくなっていく。


もしも、この動画で言われていることがすべて本当だとすれば、UFOが光の速さで何百年も離れた他の星からこの地球にやってくるには、その中に乗っている乗員は年取って死んでしまうことになるではないか。


UFOを信じるならば、どこか何かが、この地球では考え方が間違っているに違いない。


この宇宙空間での時間の概念についての考え方がどこか何かが間違っているか、あるいは、光の謎についてまだ分かっていないのか?


とにかく、宇宙人の考えている科学的な考え方と、この地球人の考えている時間の概念には、どこか何かに大きな間違いがあるのに違いない。


何日か前に、テレビ番組に出ていた、小学校5年生位の時に友達2人と宇宙人に出会って、その宇宙人に肩を触られたという(今はもう大人になっているが)その体験談を話していた。


近くのブドウ畑に着陸していたUFOはオレンジの光に包まれていたという。


オレンジの光=光の時間が伸びているということを示すのではないか?
つまり、UFOの内部が、この地球の時間よりも時間が速く進んでいるとすれば、我々から見るとUFOの外観では光が伸びて遅くなるので、オレンジの光に包まれているのだと考えることもできる。


あるいは、その逆かも知れない。


そして、そのUFOは白い光に包まれた後、シュッとボールが縮まるように小さくなって、一瞬にして消え去ったという。


この事実を信じるならば、我々が信じている光の時間の概念、この宇宙空間を旅行する距離の概念は、絶対にどこか何か基本的な考え方が間違っているとしか思えない。www






関連記事
スポンサーサイト

[edit]

« 最近、時間は過去に戻ることができるのかどうか考えている。w  |  これはアカーーーン!!! »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tensai89.blog.fc2.com/tb.php/361-27132f76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

プロフィール

日本語 → 英語翻訳

pictlayer

広告

月別アーカイブ